中村紀洋の現在。「いてまえ打線」は凄かった!今は高校野球の指導者って本当?※画像あり

元プロ野球選手の中村紀洋さん。

近鉄時代は4番を務め、豪快なバッティングで人気を集めました。

そんな中村紀洋さんは、現在は何をしているのでしょうか?

プロ入り前の中村紀洋とは?

出典元:こちら

中村紀洋さんは、1973年7月24日に大阪府大阪市淀川区で生まれました。

いつ野球を始めたのかは分かっていませんが、1985年4月17日に甲子園球場で行われた、阪神VS巨人の試合を観に行き、バックスクリーンへの三者連続本塁打(ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布)を客席で見ていたそうです。

府立高校ながら甲子園出場

出典元:こちら

大阪府立渋谷高等学校時代には、1990年の全国高等学校野球選手権大阪大会では、2年生ながら4番打者として4本塁打、守備でも三塁手権投手としてチームを甲子園初出場に導いています。

甲子園では初戦(2回戦)で敗れたが、大阪府立高校の出場としては8年ぶりの出場でした。

高校通算では、35本塁打を放っています。

近鉄に入団し、プロ野球選手になる

出典元:こちら

中村紀洋さんは、1991年のプロ野球ドラフト会議にて近鉄バファローズ(現:オリックスバファローズ)から4位で指名を受けて入団しました。

1992年、1993年は出番は少なく控え選手でしたが、1994年に台頭し、1995年にはレギュラーとして定着しました。

1995年シーズンは、打率は228でしたが、初の20本塁打を達成しました。

1998年・1999年と活躍し、日本人最高年俸選手になる

出典元:こちら

1996年、1997年は故障や不調もあり、思うように成績が残せませんでした。

しかし、1998年にはリーグ2位の32本塁打を放ち、自身初のシーズン30本塁打達成しました。

そして1999年は初の全試合出場を達成し、ゴールデングラブ賞を獲得。2000年にはシドニー五輪の野球競技に日本代表として選出されました。

2000年シーズンは二冠王(本塁打王、打点王)を獲得しますが、チームは2年連続のパ・リーグ最下位でした。

シーズン終了後の契約更新で、推定年俸3億円(前年から1億6,000万円増)プラス出来高払い5,000万円で、パ・リーグの日本人最高年俸選手になりました。

2001年に近鉄は優勝し、いてまえ打線の中核を担う

出典元:こちら

2001年の近鉄バファローズは打撃が強く、中村紀洋さんは4番に務め「いてまえ打線」の中核を担いました。

特に3番のタフィ・ローズ選手との合計101本塁打(タフィ・ローズ55本、中村紀洋46本)は、1985年の阪神3、4番(ランディ・バース54本、掛布雅之40本、合計94本)を抜き、最多記録を更新しました。

さらに全試合出場を果たし、打率320と自己最高で初めての打率3割を達成し、打点132で打点王を獲得しました。

2001年シーズンのパ・リーグは最後までもつれ、9月26日のオリックス戦では、5対2とリードされた9回裏、ノーアウト満塁の場面で、代打の北川博敏選手が日本プロ野球初となる「代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打」という劇的な幕切れで、パ・リーグ優勝を決めました。

しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに自慢の「いてまえ打線」を封じられ、1勝4負で敗れています。

2002年にFA権を行使するも、近鉄に残留

出典元:こちら

中村紀洋さんは、2002年シーズンも打率3割は逃しましたが全試合出場を果たし、42本塁打、115打点の好成績を残しました。

オフにFA権を行使し、メジャーリーグのニューヨーク・メッツと契約寸前に至りますが、白紙になり近鉄に残留することになりました。

これはメッツ側のルール違反や中村紀洋さん側の勘違いとも言われていますが、真相は分かっていません。

近鉄退団後は、複数のチームを転々とする

出典元:こちら

中村紀洋さんですが、2003年以降はケガに悩まされて思うような成績が残せませんでした。成績が残せませんでした。

2004年オフに近鉄バファローズは球団合併に伴い、オリックスバファローズになりますが、中村紀洋さんはメジャーリーグ行きを希望しました。

2005年2月にはメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約しますが、2006年には日本に戻り、以前一時的に在籍したオリックスに入団しました。

その後は、中日・楽天・横浜DeNAと複数のチームを渡り歩きますが、思うような成績は残せませんでした

中村紀洋は2014年に引退

出典元:こちら

中村紀洋さんは、2014年オフに横浜DeNAを自由契約にされますが、他のチームからのオファーはありませんでした。

また毎年行われているプロ野球合同トライアウトにも参加していないことから、引退を報じられました。

プロ野球での通算成績は、打率266、本塁打404本、打点1348、安打2101本でした。

現在は高校野球の指導者として活動中

出典元:こちら

現在の中村紀洋さんは、2017年4月から静岡県にある浜松開誠館高校で硬式野球部の非常勤コーチを務めています。

メジャーリーグ経験者による高校野球の指導は異例で、中村紀洋さんは指導に必要な学生野球資格を習得しており、月に1〜2回のペースで守備・打撃を指導をしています。

また、併設する浜松開誠館中学校の軟式野球部での指導もあわせて担当しています。

中学野球の指導は浜松開誠館中学校以外でも行っており、2017年には自身が主催する中学硬式野球大会「中村紀洋杯」を開催されています。

中村紀洋のセカンドキャリアに期待

出典元:こちら

中村紀洋さんは、2015年5月5日には、兵庫県西宮市内にあるスタジオで、小学校高学年および中学生の少年少女を対象にした野球教室「N’s Method(エヌズ・メソッド)」を開校しています。

主に学生野球の指導者として活動していますので、いずれは高校野球や少年野球の監督としてセカンドキャリアを歩んでいくかもしれません。

今後の活躍に期待しましょう。

中村紀洋

中村紀洋公式Twitter:https://twitter.com/Nori_official99

N’s Method公式サイト:http://www.n-method.jp/