巨人の4番バッター歴代まとめ!歴代で一番活躍した選手は?(読売ジャイアンツ4番打者)

巨人の歴代4番打者についてご紹介いたいと思います。

巨人の4番というと、伝統がある、プレッシャーが凄いというイメージががありますよね。

その辺についてまとめてみました。

巨人の歴代4番打者一覧

巨人の4番打者を務めた選手を一覧にしてみました。

選手名4番初試合対戦チーム(4番初試合で)4番での試合数
1永沢富士雄1936年7月1日名古屋1
2伊藤健太郎1936年7月3日大東京17
3中島治康1936年7月11日阪急410
4筒井修1936年11月19日名古屋6
5前川八郎1937年9月25日タイガース1
6水原茂1937年9月29日ライオン4
7川上哲治1939年5月11日イーグルス1658
8青田昇1943年4月10日大和47
9木暮力三1943年7月1日西鉄11
10中村政美1943年11月7日阪神27
11須田博1944年4月10日阪急1
12近藤貞雄1944年5月8日朝日2
13川畑博1944年7月23日阪神6
14黒沢俊夫1946年4月27日セネタース37
15小松原博喜1947年7月27日金星1
16平山菊二1949年7月19日急映3
17宇野光雄1951年3月29日松竹7
18南村侑広1951年5月30日大洋17
19手塚明治1953年5月16日洋松5
20宮本敏雄1955年6月16日国鉄21
21樋笠一夫1955年10月8日国鉄4
22柏枝文治1955年10月9日阪神2
23藤尾茂1955年10月10日阪神13
24与那嶺要1958年6月14日国鉄35
25長嶋茂雄1958年8月6日広島1460
26坂崎一彦1959年7月21日広島12
27国松彰1960年10月3日広島4
28王貞治1962年4月7日阪神1231
29池沢義行1963年6月26日広島1
30森昌彦1964年7月19日国鉄6
31相羽欣厚1965年10月17日阪神4
32吉田勝豊1965年10月22日広島1
33田中久寿男1967年9月9日阪神2
34高倉照幸1967年10月11日広島3
35森永勝也1967年10月16日大洋1
36柴田勲1967年7月3日阪神1
37末次利光1970年6月2日中日15
38柳田真宏1974年9月6日広島1
39張本勲1976年4月24日中日126
40淡口憲治1976年4月25日中日1
41D.ジョンソン1976年9月1日大洋4
42J.シピン1978年6月14日阪神52
43山本功児1979年7月8日阪神7
44R.ホワイト1980年7月13日ヤクルト77
45中畑清1981年4月11日阪神219
46G.トマソン1981年5月15日阪神26
47松原誠1981年10月5日ヤクルト1
48原辰徳1982年6月4日広島1066
49R.スミス1983年4月14日ヤクルト30
50W.クロマティ1984年6月27日中日174
51呂明腸1988年7月17日大洋2
52駒田徳広1988年8月27日ヤクルト34
53吉村禎章1990年7月30日阪神32
54M.ブラウン1990年9月9日ヤクルト1
55P.ブラッドリー1991年4月29日大洋3
56L .モスビー1992年5月12日ヤクルト12
57J.バーフィールド1993年4月23日阪神22
58岡崎郁1993年8月11日ヤクルト3
59大久保博元1993年10月2日広島2
60落合博満1994年4月9日広島331
61広沢克巳1995年5月3日阪神56
62松井秀喜1995年8月25日阪神470
63S.マック1996年5月26日広島18
64清原和博1997年4月4日ヤクルト297
65石井浩郎1997年6月28日中日35
66高橋由伸1999年5月5日阪神142
67D.マルティネス1999年6月27日広島63
68R.ペタジーニ2003年4月15日広島76
69小久保裕紀2004年7月23日横浜173
70李承燁2006年3月31日横浜233
71二岡智宏2006年6月8日ソフトバンク1
72阿部慎之助2007年6月9日楽天494
73小笠原道大2007年7月24日横浜38
74A.ラミレス2008年4月4日阪神511
75長野久義2011年7月14日阪神73
76村田修一2012年5月1日広島161
77J.ロペス2013年4月28日ヤクルト3
78J.ボウカー2013年8月17日中日1
79L .アンダーソン2014年4月26日広島16
80F.セペダ2014年5月15日ヤクルト18
81大田泰示2014年9月27日横浜12
82坂本勇人2015年4月11日ヤクルト48
83中井大介2015年4月29日中日1
84亀井義行2015年7月7日ヤクルト17
85ギャレット.J2016年3月25日ヤクルト41
86L.クルーズ2016年4月14日ヤクルト9
87C.マギー2017年5月28日広島19
88A.ゲレーロ2018年3月30日阪神13
89岡本和真2018年6月2日オリックス93

引用元:こちら

現在(2019)の岡本和真選手は89代目の4番になります。

外国人選手も名を連ねていますが、伝統あるジャイアンツの4番はプレッシャーもあり、4番を固定できなかった時期もあり、チームも低迷しています。

そんな中でも、特に印象の強い選手、活躍した選手をピックアップしてみました。

 

巨人で活躍した歴代の4番打者

巨人(読売ジャイアンツ)の歴代4番打者

出典元:こちら

中島治康(第3代)

出典元:こちら

名前:中島浩康(なかじまはるやす)

生年月日:1909年6月28日

没年月日:1987年4月21日(77歳没)

出身地:長野県松本市

身長:175㎝

体重:73㎏

投球投打:右投げ右打ち

ポジション:右翼手

プロ入り:1934年(読売ジャイアンツ)

中島浩康さんは、1936年の春季リーグから、右翼手のレギュラーとしてクリーンナップを打ち、同年7月15日には巨人の球団通算第1号本塁打を放っています。

秋季リーグからは主に四番打者を務め、チームトップの打率.267を記録。

1938年秋季リーグには、打率.361、本塁打10、打点38と2位以下を大きく引き離す圧倒的な成績を挙げ、日本プロ野球史上初の三冠王に輝きました。

当時は三冠王という概念はなく、1965年に野村克也さんが三冠王を獲得した際に、中島浩康さんの評価が見直され、1938年秋の中島浩康さんがプロ野球初の三冠王と認定されています。

中島浩康さんは、類い希なパワーと悪球打ちで「ボール打ちの名人」として知られており、守備でも打者をライトゴロでアウトにする強肩を持っていました。

現役引退後は、巨人の監督として活躍し、1963年には野球殿堂入りを果たしています。

 

川上哲治(第7代)

出典元:こちら

名前:川上哲治(かわかみてつはる)

生年月日:1920年3月23日

没年月日:2013年10月28日(93歳没)

出身地:熊本県人吉市

身長:174㎝

体重:75㎏

投球投打:左投げ左打ち

ポジション:一塁手、投手

プロ入り:1938年(読売ジャイアンツ)

「打撃の神様」として知られる川上哲治さんは、当初は投手として巨人に入団しますが、後に野手に転向します。

1939年には19歳ながら、首位打者のタイトルを獲得。

1941年にも首位打者のタイトルを獲得しています。

1950年のシーズン途中に、打撃練習をしていた時に球が止まって見えるという感覚に襲われました。

これが「ボールが止まって見えた」という、川上哲治さんを語る上での有名なエピソードです。

1956年5月31日の中日戦で、プロ野球史上初の2000安打を達成し、1646試合での2000安打到達は、プロ野球最速記録になっています

巨人の4番としては、1658試合に出場しています。(球団歴代最多出場)

川上哲治さんはは大正生まれであるため、日本プロ野球名球会(1978年発足)の入会資格はありません。(※当初の名球会の入会資格は昭和生まれであるため)

現役引退後は、巨人の監督として活躍し、「V9」時代と言われる巨人の黄金期を築きました。

 

長嶋茂雄(第25代)

出典元:こちら

名前:長嶋茂雄(ながしましげお)

生年月日:1936年2月20日

年齢:83歳(2019年5月現在)

出身地:千葉県佐倉市

身長:178㎝

体重:76㎏

投球投打:右投げ右打ち

ポジション:三塁手

プロ入り:1958年(読売ジャイアンツ)

「ミスタージャイアンツ」、「巨人軍終身名誉監督」として有名な長嶋茂雄さん。

初めて、大卒のプロ野球選手で「400本塁打・2000安打」の同時に達成しています。

ルーキーイヤーの1958年から活躍し、29本塁打・92打点を記録し、本塁打王と打点王の二冠を獲得しています。

1959年の天覧試合(昭和天皇、光淳皇后が観戦)では、サヨナラ本塁打を放つ勝負強さをみせ、プロ野球人気の立役者になりました。

王貞治さんとの3、4番コンビ(多くが3番王貞治、4番長嶋茂雄)はON砲と呼ばれ、巨人の黄金期であるV9時代を支えました。

1974年10月12日、中日の優勝が決まり巨人のV10が消えた日に、現役引退後を発表。

引退セレモニーでは「我が巨人軍は永久に不滅です」という有名な言葉を残しました。

現役時代の獲得タイトルは、

  • 首位打者:6回 (1959年 ~1961年、1963年、1966年、1971年)※6回は右打者記録、セ・リーグ記録。3年連続は右打者、セ・リーグタイ記録。
  • 本塁打王:2回 (1958年、1961年)
  • 打点王:5回 (1958年、1963年、1968年 ~ 1970年)
  • 最多安打:10回 (1958年 ~1963年、1966年、1968年 ~1969年、1971年)※6年連続・通算10回は共に日本記録。
長嶋茂雄さんの背番号「3」は読売ジャイアンツの永久欠番になり、引退後は2度、巨人の監督を務め、Aクラス12回、Bクラス3回で、リーグ優勝5回、日本一2回の成績を残しています。

 

王貞治(第28代)

出典元:こちら

名前:王貞治(おうさだはる)

生年月日:1940年5月20日

年齢:78歳(2019年5月現在)

出身地:東京都墨田区

身長:177㎝

体重:79㎏

投球投打:左投げ左打ち

ポジション:一塁手

プロ入り:1959年(読売ジャイアンツ)

通算本塁打868本の世界記録を持つ王貞治さん。

しかし、1959年~1961年は伸び悩み「王は王でも三振王」と揶揄されたこともありました。

1961年シーズン終了後、打撃フォームを「一本足打法」に改良し、打撃が開眼しました。

1962年には22歳で初めて、4番に起用されています。

1964年、24歳でシーズン最多本塁打記録(55本)を達成し、長らくプロ野球記録となりました。

その後も巨人の主力選手として活躍し、1973年、打率.355・51本塁打・114打点で史上3人目の三冠王を獲得しました。

この年は、通算本塁打数でも野村克也を抜き、プロ野球歴代1位に踊り出ました。(1973年シーズン終了時、王貞治:585本、野村克也:579本

翌1974年も打率.332・49本塁打・107打点で史上初の2年連続三冠王に輝いています。

1977年には756本目の本塁打を放ち、通算本塁打の世界記録を更新、この偉業を称えて初の国民栄誉賞受賞者になりました。

1980年に現役引退を表明し、翌1981年以降、選手時代の活躍を讃え、後楽園球場が閉場となる1987年まで1番ゲートは「王ゲート」と呼ばれていました。

現役時代の主な獲得タイトルは、

  • 首位打者:5回(1968年 ~1970年、1973年 ・1974年)※3年連続はセ・リーグタイ記録
  • 本塁打王:15回(1962年 ~1974年、1976年 -~1977年)※15回、13年連続はいずれも歴代最多
  • 打点王:13回(1962年、1964年 ~ 1967年、1971年 ~1978年)※13回、8年連続はいずれも歴代最多
  • 最多出塁数:12回(1967年 ~ 1978年)※1967年からタイトルとして表彰される。12回、12年連続はいずれも歴代最多
  • 最多安打:3回(1969年、1970年、1973年)※1994年からタイトルとして表彰される。

通算:868本塁打、2170打点、1967得点、5862塁打、2390四球、427四球は、プロ野球最多記録。

王貞治さんの背番号「1」は永久欠番になり、現役引退後は巨人、ダイエー(ソフトバンク)で監督して活躍。現在はソフトバンクホークスの球団会長を務めています。

 

原辰徳(第48代)

出典元:こちら

名前:原辰徳(はらたつのり)

生年月日:1958年7月22日

年齢:60歳(2019年5月現在)

出身地:神奈川県相模原市

身長:181㎝

体重:84㎏

投球投打:右投げ右打ち

ポジション:三塁手、外野手、一塁手

プロ入り:1980年ドラフト1位(読売ジャイアンツ)

2019年現在、巨人の監督を務めている原辰徳さん。

現役時代は1980年代から1990年代中盤にかけて、巨人の4番打者として活躍。

ルーキーイヤーの1981年から出場し、打率.268、22本塁打、67打点の成績を収め、新人王を獲得しました。

1982年には33本塁打を放ち、翌1983年には、初めて打率3割を記録し、打点王、最多勝利打点を獲得して巨人の優勝に貢献し、MVPに選出されました。

また3割30本塁打100打点をマークし、巨人では球団史上4人目の達成者となりました。

1986年9月24日の広島戦で、津田恒実投手の直球をファウルした際に左手首の有鉤骨を骨折、残り試合の欠場を余儀なくされました。

「事実上、バッター原辰徳は、この骨折の時に終わりました」と、原辰徳さん本人も発言する程の影響があり、これ以降ケガに悩まされるようになりました。

1987年、1988年は2年連続で3割30本塁打を記録。

その後、外野や一塁手へとコンバートされ、1993年に三塁手として復帰し、4番出場が通算1000試合に到達しています。

1995年シーズンを最後に現役を引退し、引退セレモニーでは「巨人軍の4番打者には何人も犯すことのできない聖域がある。今日、私の夢は終わります。しかし、私の夢には続きがあります。」との言葉を残しました。

現役引退後は、評論家、巨人のコーチを経て、監督に就任(2回)します。

チームの立て直しのため、2019年シーズンから3度目の巨人監督に就任しました。

同一チームにおける3度目の監督就任は、球団史上初になります。

 

松井秀喜(第62代)

出典元:こちら

名前:松井秀喜(まついひでき)

生年月日:1974年6月12日

年齢:44歳(2019年5月現在)

出身地:石川県能美市

身長:188㎝

体重:95㎏

投球投打:右投げ左打ち

ポジション:外野手

プロ入り:1992年ドラフト1位(読売ジャイアンツ)

「ゴジラ」こと松井秀喜さん。

日本が誇るホームランバッターでもありますが、松井秀喜さん本人は連続試合出場にこだわりを持っていたそうです。

鳴り物入りで巨人に入団しますが、活躍が目立つようになったのはプロ2年目からになります。

プロ2年目の1994年には、20本塁打を記録し、翌1995年には22本塁打を放ち、ベストナインを受賞しています。

1996年には、開幕戦で初の4番を任されますが、5月に落合博満選手が4番に復帰したため、3番に戻りました。

1999年には、自身初のシーズン42本塁打を記録します(日本人のシーズン40本塁打到達は、1989年の落合博満以来10年ぶり、巨人では1977年の王貞治以来22年ぶりの快挙)

2000年の開幕戦から2002年シーズンが終了するまで、4番を務め、他の選手に譲ることはありませんでした。

日本での最後のシーズンになった2002年には三冠王目前に迫りますが、シーズン終盤に調子を落とし、首位打者のタイトルを逃してしまいました。

しかし、打率、本塁打、出塁率では自己最高の成績で、本塁打王(50本)、打点王、最高出塁率、シーズンMVPを獲得。

松井秀喜さん以降、シーズン50本塁打を記録した日本人選手は今日まで出てきていません。

2003年からは活躍の舞台をメジャーリーグに移し、日本に戻ることなく、現役生活をメジャーリーグで終えています

現在は、メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースでGM特別アドバイザーとして活動しています。

関連記事

平成を代表する野球選手といっても過言ではない松井秀喜さん。 日米通算507本の本塁打を記録し、日本のプロ野球、米:メジャーリーグでも活躍されました。 そんな松井秀喜さんの経歴、実績や現在についてまとめてみました。 もくじ 1 松井秀喜は子供のころから凄かった!1.1 甲子園では5打席連続敬遠を受ける2 巨人に入団し、プロ野球選手になる2.1 巨人の4番として活躍3 活躍の場をメジャーリーグに移す3 […]

松井秀喜の現在。ゴジラ松井!現役引退までの経歴や実績は?今何してる?

日本での主な獲得タイトルは、

  • 首位打者:1回 (2001年) ※史上3人目のフルイニング出場での獲得
  • 本塁打王:3回 (1998年、2000年、2002年)
  • 打点王:3回 (1998年、2000年、2002年)
  • 最高出塁率:3回 (1998年、2000年、2002年)

 

阿部慎之助(第72代)

出典元:こちら

名前:阿部慎之助(あべしんのすけ)

生年月日:1979年3月20日

年齢:40歳(2019年5月現在)

出身地:千葉県浦安市

身長:180㎝

体重:97㎏

投球投打:右投げ左打ち

ポジション:捕手、一塁手

プロ入り:2000年ドラフト1位(逆指名、読売ジャイアンツ)

強打の捕手として注目されてきた阿部慎之助選手。

活躍し始めたのは2002年からで、2005年には5番を任される選手に成長しました。

2007年シーズンからは主将に任命され4番を継承、33号本塁打を放ち、自身初のシーズン100打点を達成しています。(史上4人目の捕手登録選手のシーズン100打点達成)

その後2014年まで「主将」、「4番」として巨人の中心選手として活躍しました。

2015年からは一塁手へとコンバートされますが、2016年には捕手に復帰します。

2017年には、史上49人目の通算2000本安打を達成。

2019年に、再び捕手の道を歩むことを決意し、現在は主に代打としての出場が多くなっています。

 

まとめ

出典元:こちら

歴代の巨人の4番打者の中でも、活躍した選手、印象が強いと思われる選手を紹介してきました。

外国人選手やFAで移籍してきた選手も4番を務めていますが、やはり巨人の生え抜きの選手の方が活躍してる気がします。

2019年現在は、生え抜きの岡本和真選手が4番を務めています。

去年は3割30本100打点を達成し、待望の生え抜きの4番打者として期待されていますが、今年は苦戦している感じがします。

プレッシャーは大きい思いますが、気負わず頑張ってほしいと思います。

読売ジャイアンツ

HP:https://www.giants.jp/top.html

その他の野球まとめ関連もよかったら♪

■メジャーリーグで1番年俸が高い選手って誰?高額年俸ランキング!

関連記事

メジャーリーグの選手の年俸というと額が大きすぎて想像がつかないと思う方もいるかもしれません。 調べてみましたが、日本のプロ野球との額が違い過ぎます。 まさに「アメリカンドリーム」とはこのことなのでしょう。 ここではメジャーリーグの現役選手の年俸のランキングを作ってみました。 もくじ 1 メジャーリーグ 年俸ランキング1.1 19位 ダルビッシュ有1.2 18位 ジョーダン・ジマーマン1.3 同16 […]

■メジャーリーガーで成功した日本人ランキング!(投手・野手別)<1964年ー2019年>

関連記事

今や日本のプロ野球選手の移籍が当たり前になったメジャーリーグ。 昔は遠かったメジャーリーグも今や身近に感じられるようになりました。 そんな日本人メジャーリーガー達を成功したと思われる順に、投手編/野手編別にランキング形式で紹介してきたいと思います。また、もちろん、その選手の現在についても触れていきます! もくじ 1 メジャーに挑戦した日本人選手(一覧)2 日本人メジャーリーガー成功ランキングTOP […]

日本人メジャーリーガー成功者ランキング!(投手編/野手編別)

■巨人の4番バッター歴代まとめ!歴代で一番活躍した選手は?

関連記事

巨人の歴代4番打者についてご紹介いたいと思います。 巨人の4番というと、伝統がある、プレッシャーが凄いというイメージががありますよね。 その辺についてまとめてみました。 もくじ 1 巨人の歴代4番打者一覧2 巨人で活躍した歴代の4番打者2.1 中島治康(第3代)2.2 川上哲治(第7代)2.3 長嶋茂雄(第25代)2.4 王貞治(第28代)2.5 原辰徳(第48代)2.6 松井秀喜(第62代)2. […]

巨人の4番バッター歴代まとめ!歴代で一番活躍した選手は?(読売ジャイアンツ4番打者)

■日本プロ野球 歴代年俸ランキング!(2019年現在、現役・OB選手含む)

関連記事

プロ野球と言えば、「年俸何億もらっていて凄い」と思われがちですが、それは一部の選手だけで、年俸1億円を超えることが一流プレイヤーの証とも言われています。 ここでは、現役選手、OB選手も含めて歴代年俸ランキングをつけてみました。   もくじ 1 日本 プロ野球歴代年俸ランキング1.1 同18位 松田宣浩(現役)1.2 同18位 内川聖一(現役)1.3 同18位 糸井嘉男(現役)1.4 同1 […]

■日本プロ野球 通算本塁打(ホームラン)ランキング!(2019年現在、現役・OB選手含む)

関連記事

プロ野球選手と言えば、やはり「本塁打(ホームラン)」を連想しますよね。 ここでは通算本塁打数ランキングトップ20をまとめてみました。 ※現役選手、OB選手も反映しています。 ではご覧ください。   もくじ 1 日本プロ野球 通算本塁打ランキングトップ201.1 20位 山崎武司1.2 同18位 阿部慎之助(現役)1.3 同18位 中村紀洋1.4 同16位 中村剛也(現役)1.5 同16位 […]

人気プロ野球選手の現在をまとめていますので、よかったら♪

関連記事

巨人の歴代4番打者についてご紹介いたいと思います。 巨人の4番というと、伝統がある、プレッシャーが凄いというイメージががありますよね。 その辺についてまとめてみました。 もくじ 1 巨人の歴代4番打者一覧2 巨人で活躍した歴代の4番打者2.1 中島治康(第3代)2.2 川上哲治(第7代)2.3 長嶋茂雄(第25代)2.4 王貞治(第28代)2.5 原辰徳(第48代)2.6 松井秀喜(第62代)2. […]

巨人の4番バッター歴代まとめ!歴代で一番活躍した選手は?(読売ジャイアンツ4番打者)