桑田真澄の現在。引退の理由とは?巨人の監督になる可能性ってある?甲子園・プロでの実績。

元プロ野球選手の桑田真澄さん。

高校時代はPL学園のエースで、清原和博さんとの「KKコンビ」で甲子園を席巻しました。

プロ入り後も巨人のエースとして活躍し、メジャーリーグにも挑戦しました。

そんな桑田真澄さんですが、現在は何をしているのでしょうか?

桑田真澄さんの過去の実績から、現在に至るまでをまとめてみました。

桑田真澄は子供のころから凄かった

出典元:こちら

桑田真澄さんは、1968年4月1日に大阪府八尾市で生まれました。

小学校3年生の時に地元のボーイズリーグに入団し、本格時に野球を始め、小学校5年生の終わりころから、投手として試合に出場するようになりました。

中学校では野球部に所属し、3年生の時には数多くの大会で優勝を経験しました。

PL学園に入学し、清原和博と出会う

出典元:こちら

桑田真澄さんは、1983年4月にPL学園高校に入学します。

同期になる清原和博さんとはこの時に知り合ったと言われています。

当時の桑田真澄さんは172㎝と背が低く、入学当初は監督からは外野手を命じられ、球拾いの毎日でした。

その為、桑田真澄さんはPL学園を辞めるつもりでしたが、母親の言葉で思い留まったそうです。

この年PL学園に招聘された清水一夫投手コーチは、桑田真澄さんの外野からの返球に才能を感じ、マンツーマン指導を願い出ました。

その甲斐もあり、6月にはレギュラーに昇格しました。

「KKコンビ」がPL学園黄金期を作る

出典元:こちら

桑田真澄さんと清原和博さんは、「エース桑田、4番清原」として1年生の時からレギュラーとして活躍。

後に「KKコンビ」と言われ、甲子園を席巻しました。

1983年夏にPL学園は甲子園で優勝し、桑田真澄さんは優勝投手になりました。

1984年は春・夏共に甲子園に出場しますが、2大会とも準優勝に終わりました。

1985年の春の甲子園はベスト4夏は優勝と、輝かしい実績を残しました。

桑田真澄さんは、甲子園での通算勝利数1位(20勝3敗)甲子園での通算奪三振数1位という記録を持ち、現在も破られていません。

ドラフト1位で巨人に入団

出典元:こちら

1985年のプロ野球ドラフト会議で、桑田真澄さんは巨人からドラフト1位で指名され、入団します。

当初、桑田真澄さんは早稲田大学に進学を希望しており、他球団も敬遠したため巨人との間で密約があったのではないかと話題になりました。

しかし、桑田真澄さん本人はこの疑惑については否定しています。

巨人のエースとして活躍

出典元:こちら

桑田真澄さんは1986年~2006年まで巨人に在籍し、通算173勝141敗、防御率:3.55の成績を残しています。

獲得タイトルは、最優秀防御率2回(1987年、2002年)、最多奪三振1回(1994年)、最高勝率1回(1998年)。

桑田真澄さんは174cmと野球選手としては小柄でしたが、140km/h台のストレート、カーブ、シュート、フォーク、スライダーを打者によって、コースに投げ分けるスタイルでした。

特に「カーブ」は高校時代から投げており、桑田真澄さんの代名詞になりました。

桑田真澄はケガに泣かされた選手

出典元:こちら

桑田真澄さんは巨人時代の1995年5月24日、小フライ捕球の際に右肘を強打し、側副靭帯断裂の重傷を負いました。

2002年には12勝6敗、防御率2.22の成績で15年ぶりの最優秀防御率のタイトルを獲得しましたが、1995年シーズンのケガ以降は勝ち星に恵まれず、活躍の場所を失っていきました。

メジャーリーグ挑戦もマイナー契約だった

出典元:こちら

2006年オフに、桑田真澄さんは活躍の場所を求めて巨人を退団します。

同年12月20日には、メジャーリーグ・パイレーツとマイナー契約を結びました。

2007年の春季キャンプには招待選手として参加し、開幕メジャー入りを目指していました。

しかし、オープン戦で右足首の靭帯断裂という怪我に見舞われ、リハビリを余儀なくされました。

その後、チーム事象も重なり、39歳70日でメジャーに昇格しますが、球威の衰えやコントロールに精彩を欠き、1勝も上げることが出来ませんでした。

オフには、パイレーツから戦力外通告を受けています。

桑田真澄は2008年に現役を引退

出典元:こちら

桑田真澄さんは2008年1月8日、再びパイレーツとマイナー契約を結び、春季キャンプに招待選手として参加しますが、若手を起用する球団構想から外れ、メジャー昇格が絶望的となったことから、現役引退を表明しました。

その後、桑田真澄さんの引退会見は行われませんでした。

現在は野球解説者として活動

出典元:こちら

桑田真澄さんは、現役引退後はテレビやスポーツ新聞などで、野球解説者として活動しています。

その傍ら、現在の日本の野球の指導のあり方の問題を提起しています。

その中で桑田真澄さんは、長時間練習、指導者への絶対服従、指導者の鉄拳制裁などの体育会系思想を厳しく批判しています。

東大野球部でコーチを務めていた

出典元:こちら

桑田真澄さんは、2013年1月下旬から東京大学硬式野球部で特別コーチを務めていました。就任時はテレビなどでは、桑田真澄さんの指導の様子がクロースアップされました。

しかし、2014年に学生野球の指導資格がなくなるのを契機に、コーチを退任しています。

早稲田大学大学院を卒業した

出典元:こちら

桑田真澄さんは、2009年1月28日に早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年コースに合格しました。

翌2010年3月25日には、首席で卒業しています。

修士論文の題材は、「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」。

この論文で最優秀論文賞を受賞しています。

桑田真澄のセカンドキャリアに期待

出典元:こちら

桑田真澄さんは、まだプロ野球で指導者を経験したことがありません。

「巨人の監督に」という方もおられるかもしれませんが、個人的にはどの球団でもいいので、監督・コーチになって、甲子園・プロ野球で活躍した独自の投球理論を若い選手に継承して欲しいものです。

これからの桑田真澄さんに期待しましょう。

桑田真澄

桑田真澄オフィシャルサイト:http://life-is-art-18.com/