ビートたけしの兄・北野大の2016年現在

2017/01/20

北野大(まさる)の学歴

1942年生まれ、東京都出身の北野大。

弟は言わずと知れた世界の北野ことビートたけしです。

頭の良い兄弟として知られていますが、北野大は都立上野高校を出ていて、明治大学と千葉大学にストレートで合格してます。

結局明治大学に進学し、一度就職をしました。

 

最終的な学歴は30歳のころに東京都立大学の大学院を出ていて、勤勉家であり立派な学歴を持っています。

 

スポンサードリンク

 

ビートたけしがきっかけで、兄・北野大はテレビ出演を始める

ビートたけしの紹介で大橋巨泉と知り合い、テレビ出演のオファーを受けます。

当時、北野大は財団法人化学品検査協会に勤務していましたが、それをきっかけにタレントとして活動するようになりました。

事務所は関口宏の事務所で、そこそこ力もある事務所だったためいろんな番組に出演するようになります。

 

・クイズダービー

・まじかる頭脳パワー

・平成教育委員会

・スーパークイズスペシャル

など。

 

どれも学識や教養があり、頭が良くないと出演できないような番組ばかり。

科学者がクイズ番組に出演するのですから、成績はやはりいつもダントツ良いというような印象。

また、北野大は毎回ニコニコしているため、視聴者のウケもとても良かったと番組制作側からの評価があったそうです。

 

コメンテーターとしても多くの番組に出演していました。

 

 

テレビ出演が減少した原因

弟の北野たけしと違って兄の北野大はとても真面目です。

何か問題を起こしてテレビでの出演が減ったわけではありません。

クイズダービーやマジカル頭脳パワー、平成教育委員会などの番組終了による露出の低下と、本業である学者としての執筆活動や講演などが増えていったのが原因かと思われます。

 

兄である北野大も弟の北野たけしと同様に、とてもあたまがよく、知識も豊富なことからクイズ番組では毎回好成績を収めていました。

クイズ番組のあり方としての変化とともに、北野大の解答者としての出演もニーズが少なくなっていたのでしょう。

また、学者としての活動もテレビに出ながら並行していたので、そちらの仕事も多かったのも原因と思われます。

 

 

現在は大学教授

2016年、北野大は現在、淑徳大学の教授をやっています。

表現学科という科の教授で、環境安全学を教えているようです。

 

実は淑徳大学の教授になる前も明治大学の教授を務めていました。

それはテレビ出演と少し並行していましたが、講義を希望する生徒も多かったようで、活躍し続けています。

 

淑徳大学は2013年から勤務を続けており、有名人講師として淑徳大学以外でも講演活動を並行して行っているそうです。

 

テレビ出演も2015年にもコメンテーターとして出ていたし、今後も単発的なテレビ出演は可能性が大です。

まだまだご健在だし、今後も科学者として環境問題の研究や淑徳大学での教授としての活躍は期待ですね。

スポンサードリンク
 

-話題になった人