清原和博の現在。更生したの?甲子園・プロ野球での栄光と薬物逮捕で転落の半生。※画像あり

元プロ野球選手の清原和博さん。

甲子園、プロ野球と活躍しましたが、引退後は覚せい剤取締法違反で逮捕されたこともありました。

そんな清原和博さんは現在は何をしているのでしょうか?

清原和博の子供のころから凄かった

出典元:こちら

清原和博さんは、1967年8月18日に大阪府岸和田市で生まれました。

1974年、小学校に入学したころに野球を始め、1976年には、地元の岸和田リトルリーグに入団し、4年生でレギュラーを獲得。

6年生の最後の試合では、エースで4番を務め、完全試合を達成しました。

中学校に進学すると、岸和田シニアリーグに移り、中学2年生の時からキャプテンを務め、関西シニアリーグで優勝も経験しています。

PL学園では1年生から4番を務める

出典元:こちら

高校進学時に奈良県の強豪:天理高校と、PL学園とで迷いましたが、学年に関係なく同じメニューの練習ができるPL学園に進学します。

当初は投手志望でしたが、同期の桑田真澄さんの投球を見て、投手になることを諦め、野手を選んだそうです。

1年生から4番を務め、桑田真澄さんと共に、「KKコンビ」と言われ、甲子園を席巻しました。

関連記事

元プロ野球選手の清原和博さん。 甲子園、プロ野球と活躍しましたが、引退後は覚せい剤取締法違反で逮捕されたこともありました。 そんな清原和博さんは現在は何をしているのでしょうか? もくじ 0.1 清原和博の子供のころから凄かった0.1.1 PL学園では1年生から4番を務める0.1.2 甲子園は清原のためにあるのか?0.2 西武に入団しプロ野球選手に0.2.1 1年目から3割30本塁打をマークする0. […]

甲子園は清原のためにあるのか?

出典元:こちら

清原和博さんは、エースの桑田真澄さんと共に、甲子園に5季連続出場を果たしています。

1年生の夏に優勝、2年生の春・夏は共に準優勝、3年生の春はベスト4、3年生の夏は2度目の優勝を経験しています。

甲子園通算本塁打(13本)は歴代1位で、現在も破られていません。

3年生の夏の決勝戦で本塁打を放ち、「1大会で5本塁打」という当時の新記録を樹立しました。

その際に、当時の朝日放送アナウンサーだった植草貞夫さんは、「甲子園は清原のためにあるのか!」と実況したことは、有名な話です。

西武に入団しプロ野球選手に

出典元:こちら

1985年のプロ野球ドラフト会議で、清原和博さんは、南海・日本ハム・中日・近鉄・西武・阪神の6球団から1位指名を受けました。

清原和博さんは、巨人か阪神入りを熱望していましたが、巨人はPL学園のチームメイトである桑田真澄さんを1位指名し、阪神は抽選を外してしまいました。

ドラフト会議直後には、失意で涙を流す清原和博さんの姿が放映され、話題になりました。

しかし、母親の言葉で考えを変え、内定していた社会人チームを辞退し、1986年に交渉権を獲得した西武ライオンズに入団しました。

1年目から3割30本塁打をマークする

出典元:こちら

清原和博さんは、プロ1年目から活躍し、この年のオールスターにもファン投票1位で選出されました。

シーズン終了後の成績は、打率304、31本塁打、78打点をマークし、高卒新人の歴代最高記録を残し、新人王に輝きました。

またこの年に行われた日本シリーズにも「4番ファースト」で全試合にフル出場をしました。

チームの日本一に貢献し、自身も日本シリーズ首位打者・最多安打を記録し、シリーズ優秀選手賞を獲得しました。

西武の中心選手として活躍

出典元:こちら

当時の森祇晶監督が務めた9年間は西武の黄金時代と言われ、リーグ優勝8回、日本一を6回達成しています。

清原和博さんは4番に君臨し、「王貞治を超えるのは清原しかいない」とまで言われていました。

西武には1996年シーズンまで在籍しています。

FAで念願の巨人入り

出典元:こちら

1996年のオフに、清原和博さんはFA権を行使し、念願の巨人入団を果たしました。

この時は阪神も獲得を表明しましたが、清原和博さんは巨人を選びました。

巨人:長嶋茂雄監督(当時)の「僕の胸に飛び込んできなさい」という口説き文句も話題になりました。

故障に苦しむ

出典元:こちら

巨人時代も4番を務めましたが、求められることの大きさからプレッシャーに苦しみました。

移籍1年目にはセ・リーグ新記録の152三振と不名誉な記録も更新してしまいました。

その後は度重ねるケガに苦しみ、次第に活躍の場を失っていきました。

また風貌も、坊主頭にピアスで色黒と強面になり、グラウンド外でも良くない噂が飛び交うようになりました。

オリックスに移籍するも、2008年に引退

出典元:こちら

2005年シ―ズン終了後に、清原和博さんは巨人から戦力外通告を受けました。

その後、清原和博さんは、当時オリックス・バッファローズのシニアアドバイザーだった仰木彬さん(故人)から、「大阪に帰ってこい。お前の花道は俺が作ってやる」と声を掛けかれ、オリックスに移籍することを決断しました。

オリックス時代もケガに悩まされますが、勝負強い打撃は健在で、21年連続2桁本塁打を達成し、通算サヨナラ本塁打(12本)、通算サヨナラ安打(20本)でプロ野球歴代単独トップという記録も残しています。

2008年に引退を決意し、同年10月1日に引退試合が行われました。

試合後のセレモニーでは、オリックス入団に導いてくれた仰木彬さんに感謝の気持ちを述べ、「今日、引退させて戴きます。全国のプロ野球ファンの皆様、23年間、応援どうも有難うございました」と締めくくりました。

「無冠の帝王」と呼ばれた清原和博

出典元:こちら

清原和博さんは、プロ野球の打者の3冠と言われている「首位打者」、「打点王」、「本塁打王」のタイトルを獲得したことはありません。

その為、「無冠の帝王」と呼ばれていました。

しかし、右方向への打撃がうまく、サヨナラや満塁の局面に強かったと言われています。

通算サヨナラ本塁打(12本)、通算サヨナラ安打(20本)、通算サヨナラ満塁本塁打(2本)の全てで歴代1位という記録を持っています。

また甲子園、オールスター戦、日本シリーズで活躍したことから、「お祭り男」とも呼ばれていました。

オールスター戦での記録は、通算打率:365(歴代1位)、通算本塁打:13本(歴代2位タイ)、通算打点:34(歴代1位)、通算得点:26(歴代1位タイ)、通算塁打:96(歴代1位)と、無類の強さを発揮しています。

現役時代の通算成績は、打率:272、本塁打:525本(歴代5位)、安打数:2122本、を記録しています。

薬物疑惑が報じられ、仕事が激減

出典元:こちら

現役引退後は、野球解説者、評論家としてメディアに出演しますが、2014年に薬物疑惑が報じられます。

清原和博さん本人は否定しますが、週刊誌の記者への暴行疑惑や、古巣の巨人とのいざこざも重なり、仕事が激減していきました。

覚せい剤取締法違反で逮捕

出典元:こちら

2016年2月3日に、清原和博さんは自宅マンションで覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反の容疑で警視庁に現行犯逮捕されました。

取り調べで、清原和博さんは「覚せい剤は私のもので間違いありません」と容疑を認めています。

プロ野球関係者やファンからも、「もったいない」、「残念でならない」と惜しむ声が多く聞こえました。

裁判では有罪判決が下された

出典元:こちら

2016年5月31日に、清原和博さんは東京地裁から懲役2年6ヵ月、執行猶予4年の判決を受けました。

裁判では、「覚醒剤への依存性は深刻で常習性も強い」と指摘されましたが、甲子園を沸かせプロ野球を代表する打者として活躍し、野球界で社会的貢献をしてきたこと、逮捕後に事件報道で社会的制裁を受けたことから、執行猶予の判決が下されました。

清原和博の現在は?

出典元:こちら

清原和博さんは、2017年12月24日にテレビ番組のインタビューに応じ、「世の中の皆様、そして少年野球からプロ野球、名球会、高校野球、野球ファンの皆様のことを大変失望させてしまい、罪を犯してしまい、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

他にも、留置場での生活や家族への想いを語っています。

『清原和博 告白』初版執筆

甲子園13本塁打の金属バットと再会した清原和博の「告白」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

引用元:甲子園13本塁打の金属バットと 再会した清原和博の「告白」。

文春オンラインでのインタビュー

「ずっと憂鬱でした」清原和博と1年間話し続けた記者の『告白』

2019/01/04

覚醒剤取締法違反で清原和博氏が逮捕されてから2年。栄光と転落、挫折と屈辱、薬物依存、そして鬱病との戦いの日々――その半生を綴った『清原和博 告白』は昨年7月の発売から話題を呼び、スポーツノンフィクションの本として異例の累計11万部を記録している。

同書の取材・構成を担当した記者が今だから明かす、清原氏との1年間の「憂鬱」とは――。

もし、まだ僕の言葉を聞いてくれる人がいるなら……。今の僕のありのままの気持ちを残すことで、スポーツで挫折した人、覚醒剤をやってしまった人、何かを失いそうな人、これから生きる人たちのためになるのでしたら……

引用元:http://bunshun.jp/

更生して欲しいと思っているファンは多い

出典元:こちら

現在、清原和博さんの所在ですが、東京や故郷の岸和田(大阪府)にいるとも言われていますが、はっきりとは分かっていません。

薬物治療専門の病院に通い、治療を受けていると言われています。

2018年に、第100回大会が行われた夏の甲子園に、清原和博さんが応援に来ていたそうです。

目撃したファンからは、「戻ってきて」、「更生してほしい」と温かい言葉もかけられました。

プロ野球界に戻るのは難しいかもしれませんが、ファンの為にも何らかの形で、野球界に戻ってきて欲しいと思います。

清原和博

日本プロ野球名球会HP:http://meikyu-kai.org/