満島ひかりの現在。デビューから2020年までの出来事をまとめてみた。

独特の雰囲気を持った実力派女優(俳優)として幅広い層の女性から支持を受ける満島ひかりさん。

女優としてブレイクしましたが、昔はアイドルとして歌手活動をしていた経歴も持っていました。

今回は満島ひかりさんのプロフィールや結婚、現在の活動などについて見て行こうと思います!

※アイキャッチは「女性自身」より引用しました。

満島ひかりさんのプロフィール

View this post on Instagram

てな、わけで ( ´ ▽ ` )ノ💛

A post shared by 満島ひかり (@0o.mitsuhima.o0) on

本名:満島 ひかり (みつしま ひかり)

身長:162cm

出身地:鹿児島県鹿児島市 (沖縄市育ち)

血液型:A型

生年月日:1985年11月30日

所属事務所:フリーランス

満島ひかりさんは沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵を目指せ!NEW・SUPER MONKEY’Sオーディション」で見事に優勝し、副賞の1年間無料レッスン権を獲得したことによって反対していた親の説得に成功してスクールに入学しました。

1997年にユニットFolder(後に5)を結成してシングル「パラシューター」でCDデビューを果たし、アニメ「ONE PIECE」のオープニング曲になった3rdシングル「Believe」は12万枚を超えるヒット作になってユニット1位のセールスを記録しました。

ワンピースの主題歌「Believe」

One Piece – Believe.mp4

Folder5は2003年頃にひっそりと活動を停止しましたが、満島ひかりさんはタレントや女優として再出発、変声期を理由にFolderを休業したメインボーカル「DAICHI」さんも三浦大知名義で復活し、現在は有名アーティストに名を連ねています。

弟は満島真之介さんと光太郎さん

満島ひかりさんの弟として注目を集めていた満島真之介さんですが、最近では姉の七光り(?)を脱却して自分自身の実力で数多くの作品に出演するなど次世代を担う俳優として期待されています。

2009年12月に満島ひかりさんと同じ事務所「ユマニテ」に所属して活動をスタートさせ、2014年末に姉のマネージャーと結婚をしていました (2017年6月に離婚)

ところで、満島ひかりさんの弟と言えば満島真之介さんを思い浮かべてしまいますが、実はもうひとり光太郎さんというプロバスケットボール選手の弟がいたのです。

満島光太郎さんはバスケットボール選手として興南高校(那覇市)から拓殖大学に進み、大学卒業後の2016年12月からライジングゼファーフクオカと契約を結んでプロ選手になりました。

2018年からは東京サンレーヴスと契約を結んでいましたが、2019年1月に契約解除になりました。

現在のところ満島光太郎さんが新しいチームと選手契約した情報は無いのですが、もしかすると地元・沖縄にあるチームと契約するかもしれませんね。

 

映画「デスノート」や「愛のむきだし」で注目を浴びる

映画『愛のむきだし』予告編

満島ひかりさんはFolderに在籍していた時に映画「モスラ2 海底の大決戦」(1997年12月)に子役として出演しており、この経験によって俳優を目指すことになったそうです。

アイドルを卒業してから本格的に俳優の道に進み、当時ブームとなった「デスノート」で映画俳優として改めてスタートを切り、2009年1月公開された「愛のむきだし」の準主演として存在感を発揮し、最優秀女優賞や新人賞を数多く獲得しました。

その後も多くの映画で主演や準主演を務める実力派俳優に成長しています。

  • カケラ(2010年4月3日):主演・北川はる 役
  • 川の底からこんにちは(2010年5月1日):主演・佐和子 役
  • ラビット・ホラー3D(2011年9月17日):主演・今里キリコ 役
  • 夏の終り(2013年8月31日):主演・知子 役
  • ハロー!純一(2014年2月15日):主演・アンナ先生 役

 

石井裕也さんとの結婚&離婚!子どもは?

出典:ORICON NEWS

満島ひかりさんは2010年10月25日に映画「川の底からこんにちは」で共演した監督・石井裕也さんとの結婚を報告し、当時24歳だった若手女優の大きな決断が話題になりました。

ふたりの交際期間は1年程度なので”スピード結婚”の部類に入るのかもしれませんね。

2016年1月に協議離婚が成立して結婚生活にピリオドが打たれましたが、離婚理由は子供を欲しがった石井裕也さんと仕事を続けたかった満島ひかりさんの価値観の違いだそうです。

離婚理由から分かる通り、満島ひかりさんには今のところ子供はいません

 

満島ひかりさんの現在

小さい頃から芸能界で走り続けた満島ひかりさんですが、グループ解散後のソロ活動や結婚・離婚を経てますます人間力や表現力に磨きが掛かったと注目を集めています。

この項目では満島ひかりさんの近況や現在の活動について見て行こうと思います。

ドラマ(朝ドラ)や舞台の出演が減った理由は事務所独立?

おひさま NHK朝ドラ

2018年3月1日に満島ひかりさんが所属する事務所「ユマニテ」から驚きの報告がありました。

そこには満島ひかりさんが自分の意志で事務所を離れて独立(フリー)として活動すること、事務所として今後もサポートして行くと掲載されていました。

プロダクションという枠に守られる形ではなく、すべて自分の責任のもと、自由に独りでやってみたいという本人の意思を尊重することにいたしました。

NHKの連続テレビ小説「おひさま」では主人公の親友役を務め、2016年4月30日からは同じNHKで「トットてれび」の主役として若い頃の黒柳徹子さんを演じて話題になりました。

NHKとの関係や貢献度を考えても連続テレビ小説の主人公に抜擢されるのは時間の問題と思われましたが、フリーランスに転向後は地上波のドラマに出演していません。

さすがに在籍していた事務所が周囲に圧力を掛けた可能性は無いでしょうが、芸能界という特殊な環境だと「円満退社」であったとしても依頼をしにくいのかも知れません。

また、フリーランスなので契約交渉や事務を満島ひかりさんがひとりでおこなっていたらしく、慣れない作業で問い合わせに対応できずに話が流れた事もあったそうです。

とは言え、今年に入って舞台「お気に召すまま -As You Like It-」に出演するなど俳優業を再開させているので、環境が落ち着けば以前の様に活躍できるかもしれませんね。

インスタグラムの終了を宣言

2017年11月1日に満島ひかりさんはインスタグラムの終了を報告しました。

「インスタグラムを、フォローしてくれていたみなさま。ありがとうございました。コメントや絵を見るのも楽しかったです。おかげで、思っていたよりも長く続きました。終わりますね」

「どうもありがとう!」

満島ひかりさんがインスタグラムを辞めてしまった理由は明確になっていませんが、翌年3月に事務所を辞めることが決まっていて、何か権利上の問題などがあったのかも知れません。

ただ、事務所を変わってもSNSを続けている人も多く居ます。

もしかすると、変に深読みせずに「単純に飽きた」という可能性もありますね(笑)

現在は新たにインスタグラムを再開させていますが、メッセージはなく告知程度の投稿でした。

中島みゆきの名曲「ファイト!」を歌って話題に

満島ひかりファイト!

満島ひかりさんは2015年11月に開催された「中島みゆき RESPECT LIVE 歌縁 (うたえにし)」に出演し、Folder5で活動していた当時から約13年ぶりにステージに立ちました。

そこで中島みゆきさんの「ファイト!」をカバーして持ち前の歌唱力が話題になりました。

満島ひかりさんはソロアーティストでもやって行けそうなぐらいの歌唱力ですが、歌の技術以上に何か心に「グッ」と来て魂を揺さぶる様な歌に衝撃を受けました。

現在も多くのCMに出演する人気ぶり

今も昔も芸能人にとってCMに出演することは一種のステータスと言われています。

満島ひかりさんはテレビドラマや舞台・映画の出演が減っていた時期も複数のCMに出演を続けており、業界だけでなく視聴者からも幅広い支持があることが伺えました。

キリン一番搾り

満島ひかり、“一人焼肉”で「幸せ」 「キリン一番搾り」新CMが公開

こちらは大手メーカーの人気CMなので1日に1回は目にする機会があると思います。

いつも美味しそうに食べている印象のCMですが、当の本人も食事はしっかり摂るそうです。

資生堂 専科

満島ひかり 資生堂 専科 7篇

こちらは等身大の女性の日常を描いた人気CMなので見たことがあると思います。

満島ひかりさんのスッピン姿が綺麗で驚きますが、他社も含めてメイク落としは本当にスッピンになる場合がほとんどで、たまにマツ毛のエクステをしている人がいる程度だそうです。

そう考えると、満島ひかりさんの肌の綺麗さに驚くばかりですね・・!

 

満島ひかりさんの現在まとめ

過去にアイドルグループとして活動していた時期を知らない方が多かったかも知れませんが、アクターズスクールで鍛えられた歌唱力は大人になっても発揮されていました。

映画製作で共演した石井裕也さんと結婚して家庭を持ちましたが、お互いの人生観・家庭間の相違から離婚に至ってしまって現在は子供もおらず独身生活を送っています。

また、長年在籍していた事務所から独立して以降は俳優の仕事が減っていますが、今までの好感度の高さもあってCMの仕事を中心に実力派芸能人として存在感を放っていました。

2019年に入ってから演劇の仕事も増えていたので、来年は更に飛躍の年にして欲しいと思いました!

 

満島ひかり

インスタグラム:@hikarimitsushima