ASKA(アスカ)の現在。釈放後は更生できた?今も愛人と同棲中?

数々の名曲を誕生させ、多くのファンを魅了したASKA

出典先はこちら

ASKA(アスカ)」さんは1958年2月24日に福岡県筑紫郡大野町(現在の大野城市)雑餉隈(ざっしょのくま)にて生を受けました。本名は「宮﨑 重明(みやざき しげあき)」さんといいます

現在の表記は「ASKA」という芸名ですが、元々は「飛鳥」という名前を使用していました。

1989年から「ASUKA」という表記に変えたそうですが、欧米圏の人々から「アスカ」ではなく、「アスーカ」と呼ばれてしまうことから「ASKA」という形になったそうです。

父親が自衛官ということから転勤が多く、小学校は福岡大野城市立大野北小学校を卒業し、その後、大野城市立大野中学校へ入学します。

しかし、中学1年生の夏からは北海道の千歳市に移り住み、千歳市立千歳中学校へ転校。高校は札幌第一高等学校へ進学しますが、父親の転勤で福岡に戻り、福岡第一高等学校に編入しました。

この高校にはのちの相棒となるCHAGEさんも通っていました。

剣道の師範という父親のもとで幼少のころから鍛えた剣道高校2年生の時には北海道代表としてインターハイに出場しています。

しかし福岡に移ってからは部活の顧問との折り合いが悪く、部活をやめてしまったそうです。剣道自体はいまだに続けていて四段の腕前とのことです。

剣道をやめたことによって、音楽と出会い、時間的余裕からどんどん音楽へとのめり込んでいきました。

大学への進学から始まった音楽家としてのASKAの遍歴

出典先はこちら

1976年に福岡県にある第一経済大学(現・日本経済大学)に進学します。進学後も音楽活動を続け、ヤマハポピュラーソングコンテストに挑戦をし始めます。

当初は「葡蘭湖(ブランコ)」という7人組バンドやソロで挑戦しますが地方大会は突破できませんでした。

第15回福岡大会からはCHAGEさんも誘い、共にソロで挑戦を開始。その大会でASKAさんは「最優秀歌唱賞」を受賞し、CHAGEさんはなんと「グランプリ」を受賞する快挙を達成します。

この時にヤマハのディレクターが二人の才能を見いだし、最終的には「チャゲ&飛鳥」という形で本選会で入賞するまでになりました。

グランプリを取ることはできませんでしたが、その実力から1979年に「ひとり咲き」という曲でデビューすることが決まったのでした。

デビュー後、ヒット曲を連発し、大物歌手へとなっていくASKA

SAY YES


出典先はこちら

CHAGE and ASKAとしてデビューしたASKAさんは1980年に「万里の河」が、1986年には「モーニングムーン」という曲がヒットしてユニットは少しづつ知名度を上げていきます。

そして1991年。ドラマの主題歌となった「SAY YES」が話題となり、オリコンチャートで13週連続1位を獲得し、ダブルミリオンを記録します。翌年に発表したアルバム『SUPER BEST II』もダブルミリオンを達成する快挙を打ち立てます。

街中ではCHAGE and ASKAの楽曲が多く流れ、ASKAさんの恰好、歌い方をマネする人も出てきて、まさにムーブメントが起こっていました。

1993年にも名曲「YAH YAH YAH」を発表し、オリコンで史上初の同一歌手で2作目のシングルダブルミリオンを達成しました。その後もミリオン作品を輩出していきます。併せて日本ゴールドディスク大賞を1992年から3年連続で獲得するなど日本の音楽界に燦然と輝く記録を打ち立てていきました。

その人気は日本にとどまらず、アジア圏でもファンを獲得。その影響を受け、デビュー15周年となった1994年にアジアで大規模ツアーを開催香港・シンガポール・台湾で合計6万人という動員記録しました。

そして1996年6月にはアジア出身者としては初の『MTV Unplugged』へ出演し、日本から世界のCHAGE and ASKAへと進化を遂げていきました。

活動停止、ソロとしての活動を充実させるASKA

出典先はこちら

2000年に韓国で日本人として初の大規模ライブを行ったCHAGE and ASKAでしたが、徐々にデュオでの活動が少なくなっていきました。そして2009年に、”お互いのソロ活動を充実させるため”という理由からデュオでの活動に関して無期限活動休止を宣言しました。 ASKAさんはソロ活動を専念するようになります。

ソロ活動を始めた2年後には東日本大震災が発生。被災された方々への支援活動の為、昭和の名曲をカバーした「いま歌うシリーズ」を配信限定で始め、売り上げを義援金に充てるなどといった活動を開始。

2013年にCHAGE and ASKAの再始動を発表しましたが同年6月にASKAさんは「一過性脳虚血症」の疑いがあるとして療養に入り、活動がまたストップしてしまいます。活動が低迷する中で追い打ちをかけるかのように10月にとある週刊誌がASKAさんが違法薬物を使用しているという記事が掲載。

そのことについてASKAさんが個人で記者に事情を説明し、使用を認めるような発言をしたとしてASKAさんは社会的責任により活動自粛という形になってしまいました。

成功の裏側にあった闇。逮捕の時を迎えたASKA

出典先はこちら

活動自粛となったASKAさんはその半年後の2014年5月に港区内のマンションの一室で少量の覚せい剤を所持していた疑いで覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕されてしまいました。

警察庁による尿検査で覚せい剤の陽性反応が出ており、自宅では覚せい剤、合成麻薬MDMAなどが発見されたそうです。

その後もASKAさんは5月27日に、覚せい剤取締法違反(使用)と麻薬取締法違反(使用)、6月17日は覚せい剤取締法違反(所持)と麻薬取締法違反(所持)容疑で2度の再逮捕となり、合計3度目の逮捕となりました。

この逮捕・起訴により所属事務所からのエージェント契約が解消され、事実上の芸能界引退という形になりました。

同年の7月3日に保釈請求が認められて保釈保証金700万円で保釈されました。その後は薬物依存症の治療のために国立病院機構下総精神医療センターに入院

8月28日に東京地方裁判所で初公判があり、その半月後の9月12日懲役3年(執行猶予4年)の有罪判決が言い渡されました。まさに人生のどん底を味わうことになりました。

事実上芸能界引退の状態から復帰を目指したASKA

2014年の逮捕からASKAさんは長いこと声明を出すことはありませんでした。

しかし突如、2016年1月9日に約12万字にも及ぶ長文のブログを発表。薬物使用による逮捕までの経緯をまとめたものになっており、公開されてかた数日間で500万PVを超えるほどの反響を得ました。

同年7月18日、一度は閉鎖されたブログを半年ぶりに1ヶ月限定で開設し、最終日となった8月17日の投稿で今までのことについて深く反省したことを誓ったそうです。

すべての方たちへ。

私は、アーティストという社会に影響力のある立場でありながら、社会で許されない過ちを犯したことを、深く、深く反省しております。

そして、二度とこのような過ちを繰り返さないことを誓います。

引用:aska_burnishstone’s diary 「ありがとう」2016年8月17日

併せて新しいアルバムを作ることを報告しました。実際ブログ自体はファンからの継続の要望によりその後1年半継続となりました。

声明後にまさかの再逮捕。

11月27日に制作中のアルバムから先行して、収録曲の中から何曲かをYouTubeで公開することブログで報告しました。しかし翌日の11月28日再度覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕されました。

事の発端としては3日前の25日にASKAさんから「盗聴・盗撮されている」と警察に通報したのですがその際の言動が不可解として、任意で尿の提出を警察に求められました。

提出された尿を鑑定した結果、覚せい剤反応が陽性であることから逮捕となりました。しかし取り調べに対しては「前回逮捕されてから、一度も覚せい剤を見たこともない」として、容疑を否認しました。

逮捕から半年後の12月19日、任意提出された液体がASKAさんの尿だと警察側が立証できなかった為にことか嫌疑不十分で不起訴処分となり釈放される形となりました。

そして、12月24日に約束通りにアルバムからの新曲「FUKUOKA」をYouTubeで公開しました。新曲発表の反響は大きく、公開2日目で動画再生数70万回を超えました。

ASKAの現在は?

出典先はこちら

ではトップスターから一気にどん底へと落ち、そこからまた芸能界へと復活してきたASKAさんの現在はどのような状況になっているのでしょうか。

完全復活への道。過去の清算、突如襲われた病気!

2018年1月19日に完全復活の足掛かりとしてASKAオフィシャルサイト「Fellows」を開設します。

1月31日には過去の清算として日本テレビ系列の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」と芸能リポーターの井上公造さんが報道した2016年11月の内容著作権と人権を侵したとして告訴したことをYouTubeで公表していました。

2月19日の朝には腹部に痛みを訴え、病院で腹膜炎と診断されて緊急入院し、手術を受けたことをブログで明かされました。

いえ、元気ではありまぜんでじだ・・・。

先ほどから少し起きられるようになりましたので、
院内を歩いています。

「腹膜炎」

でした。

引用:ASKA Official Site「Fellows」Blog 「みなさんの「お元気ですか?」」2018年2月20日

9月27日には覚せい剤関連の事件で下った執行猶予期間が明け10月から本格的に音楽活動を再開しました。

10月16日に2019年2月よりバンドツアー「ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA – 40年のありったけ -」の開催を発表し、翌17日にはファン投票でのベストアルバム「We are the Fellows」とASKAさんが選んだベストアルバム「Made in ASKA」同時発売され、一気に音楽活動を強めていきます。

11月にはNHK「ニュースウォッチ9」の中で自身のインタビューの内容を含めたドキュメンタリーが放送されたりと露出も増えるようになりました。

音楽家としての再起をかけて。全てをうちあける。

この発表に合わせるかのように週刊誌ではASKAさんと共に覚せい剤関連の事件で一緒に逮捕された女性との半同棲生活の記事発表されました。

「実は、ASKAは前妻と離婚後、Tさんと半同棲生活を送っているんです。ASKAは音楽的な才能が図抜けている半面、脆くて繊細なところがある。常に支えてくれる人間を必要としています。覚醒剤に溺れ事件を起こしたことで、二人はある意味で〝戦友〟のような関係になっている。それだけに、離れることができない状態にあるようです」(ASKAの知人)

引用:ASKAが愛人Tさんと別れられない理由 シャブ漬け生活をともに過ごした不倫相手と半同棲を続けるのはなぜ?- Friday

1月10日には1月17日にフジテレビ系列のバラエティ「直撃!シンソウ坂上」で受けたインタビューが放映されることをブログで発表。報道後のインタビューとなり、注目が集まりました。

人間としての光と闇を全てを知ったASKAさん。この経験が今後の音楽活動でよい形で出てくることを願うばかりです。

ASKA Official Site「Fellows」https://www.fellows.tokyo/