マイクタイソンの現在。全盛期(最強のボクサーへの道)耳噛み事件とは?今は何してる?

マイク・タイソンの現在。 耳噛み事件とは? 鳩が好きな一面も。栄光と挫折の人生、今は何をしている?

マイク・タイソンさんのプロフィール

出典:livedoor.blog

マイク・タイソン(Mike Tyson)さんは1966年6月30日にニューヨークで生まれました。

5歳上の兄(ロドニー)と2歳上の姉(デニス ※1991年に25歳で亡くなっています)がおり、ロドニーさんは陰日向にタイソンさんのサポートをしていたそうです。

幼少期を過ごしたブルックリン区は“最悪のスラム街”として有名な地域でした。

荒んだ少年時代にカス・ダマトと出会う

出典:ダイヤモンド・オンライン

元々は内向的な性格で、大きなメガネ(近眼)を着用していた事から不良達からいじめの対象となり、大事にしていた鳩を目の前で殺され激高し、不良達を殴り倒して自身の強さに目覚めました。

結果として12歳までに51回も逮捕されるという少年時代を過ごし、ニューヨーク州でも”最悪の少年”が収容されるトライオン少年院に収監。

そこで更生プログラムの一環として行われていたボクシングと出会い、その才覚がボクシングマネージャのカス・ダマトに伝わり、彼が身元引受人となりボクサーとしてスタートを切りました!

 

最強のボクサーへの道

出典:ミドルエッジ

カス・ダマト門下生として練習に励み、13歳の時に初試合を行って以降のアマチュア記録は52戦47勝5敗という素晴らしい成績でした。

ジュニア・オリンピックのタイトルを獲得し、ロサンゼルスオリンピックへの出場を目指しますが、国内予選の決勝戦でダウンを奪いながらも判定負けで出場は叶いませんでした。

プロボクサーとして絶頂を極める

1985年3月6日に18歳でプロデビューし初戦を1ラウンドTKO勝ちしました。

その後は勢いに乗り11連勝しますが、その直後にカス・ダマトが亡くなってしまいました。

悲しみを振り払うようにボクシングに没頭し、連勝街道を突き進みました。

1986年11月:WBC世界ヘビー級王座を獲得 ※史上最年少(20歳5か月)

1987年3月:WBA世界ヘビー級タイトルを獲得

1987年8月:IBF世界ヘビー級タイトルを獲得 ※3団体統一チャンピオン達成

デビューから2年でボクシング界の頂点を極めてしまいました。

ドン・キングとの関り

出典:ミドルエッジ

1988年にドン・キングにプロモート(興行を企画し主催)を受け、以降は精彩を欠きます。

カス・ダマト

「グリズリー(灰色熊)には近づいても、ドン・キングには近付くな」

ドン・キングはタイソンさんの家族に取り入り、カス・ダマトが残したチームを解体して自分の思うようなチームに作り変えてしまいました。

彼は一流のビジネスマンでしたが、カス・ダマトと違いボクシングの指導やタイソンさんの人間性を育てると言う事はありませんでした。

不祥事や復活を繰り返して引退

出典:ミドルエッジ

1990年2月11日に東京ドームで行われたジェームス・ダグラスに10ラウンドKO負けを喫し、タイトルを失うと同時にプロ初黒星になりました。

1991年に女性に対する性的暴行容疑で逮捕され、1992年に刑務所へと収監。

1995年に仮釈放され活動を再開し、1996年3月16日にWBC世界ヘビー級タイトルを再度獲得。

同年9月にWBA世界ヘビー級タイトルも獲得して再び統一王者に返り咲くも、11月にイベンダー・ホリフィールドに11ラウンドTKOで敗れ、タイトルを失いました。

1997年にはイベンダー・ホリフィールドに再戦を挑み、耳噛み事件を起こして失格負け。

2003年6月に暴行容疑で、2004年12月には器物損壊容疑で逮捕されてしまいます。

2005年6月12日に無名のケビン・マクブライドを相手に6ラウンド終了後棄権しTKO負けになり、試合後のインタビューで 「もうこれ以上、ボクシングを侮辱したくない」 と引退を示唆した。

通算成績は58戦50勝44KO・6敗・無効試合2

 

マイク・タイソンさんの妻や子供

出典:ミドルエッジ

現在のタイソンさんの奥さんはラキハ・スパイサーさんでした。

過去に2度の離婚歴があり、子供は前妻との間に5人居ました。

1988年2月:元ファッションモデルで女優のロビン・ギヴンズと結婚(すぐ離婚)

1997年4月:小児科医のモニカ・ターナーと結婚(2003年離婚)

2009年に娘(エクソダスさん)を不慮の事故で失ってしまい、そのショックから立ち直り人生を変える為に菜食主義へ転向しました。

現在のところ、タイソンさんの息子がボクサーになったという噂はありませんでした。

 

マイク・タイソンの現在

出典:sankei.com

タイソンさんは事実上引退し、2006年から第二の人生を歩み始めました。

2006年3月18日に総合格闘技でレフェリーを務めるという意外なスタートを切りました(笑)

その後も様々な活動をしているようなので見て行きましょう。

趣味の鳩がアニメに

出典:SLUG Magazine

2011年3月6日にタイソンさん主演のリアリティ番組「マイク・タイソンと鳩レース」が放送され、凶暴なイメージとは正反対の姿に大きな反響がありました。

2014年からは大人向けのアニメチャンネルで「Mike Tyson Mysteries」が放送されてます。

内容はボクサーを引退した主人公「マイク・タイソン」が鳩と一緒に謎を解いて行くという、なんとも言えないカオスな内容ですが、アメリカでの評判は大変良いそうです!

タイソンさん自身が声優をやっているのも話題になっていました。

自叙伝やドキュメンタリーが話題に

2013年11月12日に自叙伝「マイク・タイソン自伝 真相」を発売し、その中で現役時代に試合前に禁止薬物を服用していたと告白していました。

他人の尿を使うなどして薬物検査をパスしていたと明らかにし、タイソンさんは自分自身を「完全なコカイン中毒だった」と語っていました。

2013年9月にはFOXスポーツで全6回のドキュメンタリー「BEING MIKE TYSON」が放送され、今までの対戦相手や若手ボクサーの指導、ブロードウェイ挑戦の模様などを撮影した作品でした。

映画「イップ・マン 継承」に出演

出典:映画・ナタリー

香港の人気俳優ドニー・イェン主演のイップ・マンシリーズの第3弾「イップ・マン 継承」にアメリカから来た”悪徳業者役”として出演しました(笑)

作品自体は世界各地で上演されてますが、タイソンさんは過去の犯罪歴などから入国を拒否される事が度々あり、現地でのイベントに参加できない事がありました。

最近は定期的にサイン会を開催

出典:タイソンさんのツイッター

現在はラスベガスを中心に活動しているようで、スポーツ関係の記念品を展示販売しているショップなどでサイン会や記念撮影をしてくれていました。

プラネットハリウッドのミラクルマイルショップスにある「TRISTAR」では定期的にイベントが開催され、タイソンさんの来店に合わせてグッズのセールが有ったりするそうです。

穏やかな表情が今のタイソンさんの全てを表しているのかもしれませんね。

 

マイク・タイソン

公式Twitter:@MikeTyson