マーク・マグワイアの2016年現在

ボンズの前のメジャー最多本塁打記録保持者 マグワイアと言えば、メジャーの最多本塁打記録保持者として有名です。 ただ、それも3年後のバリー・ボンズに抜かれてしまうまでのお話。   1998年、シーズン終盤までサミー・ソーサと最多ホームランの争いを演じていました。結果的に70本という凄まじい数字を残したマグワイアが勝利し、史上最高のシーズン70本塁打を記録。 さらに翌年、65本塁打も記録し、 […]

猪瀬直樹、元東京都知事の現在

猪瀬直樹はもともと作家さん 1964年、長野県出身の猪瀬直樹ですが、 大学までは県内で過ごしました。   大学卒業後に、出版社に就職。 すぐに結婚もして、そのまま明治大学の大学院に通います。 日本の政治思想を研究した後は、 ビルの清掃員などの仕事をして そこから作家活動を本格開始。 大宅壮一ノンフィクション賞や、文藝春秋読者賞などを受賞しました。   作家活動で生活も安定し、 […]

櫻井よしこの2016年現在

言論活動を行う櫻井よしこ ベトナムで日本人の間に生まれた櫻井よしこですが、帰国後は新潟県の高校を出て、慶応大学に入学。   中退後はハワイ大学を卒業しており、英語も堪能です。   ジャーナリストとしてテレビにしょっちゅう出ていましたが、もとは日本テレビのメインキャスターとして17年間も活躍していました。 1995年には薬害エイズ事件をテーマにした著書で大宅壮ノンフィクション賞を […]

田中康夫(元・長野県知事)の2016年現在

作家から政治家に。元・長野県知事の田中康夫 1956年、東京都に生まれた田中康夫でしたが、父親が長野県内の大学教授になったこともあり、長野県で育ちました。 中学時代はサッカー部のキャプテンもこなしながら成績は超優秀。 大学は東大を受験するも不合格で、浪人生活を経て一橋大学の法文学部に入学しました。   その後、1980年に「なんとなくクリスタル」という小説を執筆。 それが文藝賞を受賞して […]

ビートたけしの兄・北野大の2016年現在

北野大(まさる)の学歴 1942年生まれ、東京都出身の北野大。 弟は言わずと知れた世界の北野ことビートたけしです。 頭の良い兄弟として知られていますが、北野大は都立上野高校を出ていて、明治大学と千葉大学にストレートで合格してます。 結局明治大学に進学し、一度就職をしました。   最終的な学歴は30歳のころに東京都立大学の大学院を出ていて、勤勉家であり立派な学歴を持っています。   […]

EE JUMP(イーイージャンプ)の二人の現在

実は3人組だったEE JUMP(イーイージャンプ) 2000年から約2年間にわたり、つんくによるプロデュースで活動した男女のユニット。 ソニンとユウキ(後藤祐樹)の2人のグループと思われがちだが、実はKENというダンサーがいました。(DA PUMPのKENとは違います) KENはCDデビューの目前に、いきなりEE JUMPを脱退。 理由は「サッカーがしたい」という大胆な理由でした。   […]

アルシンド(元サッカー選手)の2016年現在

ブラジル出身のアルシンド・サルトーリ アルシンドは日本に来る前からブラジルでプロとして活躍していたサッカー選手です。 ジーコやジュニオールなど、スター選手とプレーしていた経験があり、U-20のブラジル代表にも選ばれている大物。   Jリーグ発足時はラモス瑠偉などの日本に帰化した選手もいましたが、アルシンドもまた日本に帰化したと思われることもしばしば。 それほど、日本人には名の知れた存在で […]

田中真紀子の2016年現在

政治家のイメージが強いが、実は元女優の田中真紀子 新潟が本籍地ですが、小学校から大学まで東京の学校を出ています。 同期であった久米宏と同じ早稲田大学の演劇サークルを出た後は、実は女優になっています。   1944年生まれなので、2017年1月で73歳という高齢で、父親が64代・65代の内閣総理大臣を務めた田中角栄なので、田中真紀子は政治家のイメージが強すぎますね。 *ちなみに本名は眞紀子 […]

鈴木宗男の2016年現在

鈴木宗男の政治家人生 北海道出身の鈴木宗男は、地元で衆議院議員をしていました。 衆議院議員になるきっかけとなった中川一郎の秘書を務めており、中川一郎が衆議院議員をしている頃から演説には中川の代わりに演説するなど、政治家としての資質を持っていたそうです。 実際に中川が死去して、1983年に初めて立候補となり衆議院議員選に出馬。 このとき、中川の長男も対戦しており、かなりの激戦となりました。 &nbs […]

角田信朗(かくたのぶあき)さんの2016年現在

  角田信朗の略歴 1961年4月11日生まれ。奈良県出身。 角田信朗の名が世に広まってきたのは2000年前後の格闘技ブームから。 当時、グレイシー一族や桜庭などの人気格闘家が台頭していましたが、K-1では武蔵、アーネスト・ホーストなどが有名。 そんなブームの一世代前にK-1で活躍していたのが角田信朗です。   ブームのころには既にベテランの領域に達していましたが、角田信朗は選 […]

1 9 10