ベルカンプの2016年現在

スーパープレイ連発のオランダのスター アムステルダム出身のデニス・ベルカンプはアヤックスユースでプレイしていた12歳のころにクライフに目を付けられて、17歳という若さでアヤックスのトップチームでデビューしました。   当時のアヤックスはオランダでも優勝争いをする強豪。 そこでその若さでトップチームに入ると言う事はいかに凄いのか、オランダ国内では今でいうとメッシやネイマールくらいの注目度の […]

島田紳助の2016年現在

2011年、電撃引退した島田紳助 ニュース速報でも流れるほど電撃引退した島田紳助。 あれからもう5年以上の月日が流れていますが、暴力団関係者との関係が明らかになったせいで、事務所に迷惑をかけたくないとの理由でした。   当時は行列のできる法律相談所などの超人気番組の司会をしていたり、松本人志との番組などバラエティ番組の大御所として芸能界のトップにいると言っても過言ではない存在でした。 & […]

野茂英雄の2016年現在

プロ野球に入るまでの野茂英雄 中学校の頃、有名高校に入学しようとして関西の高校のセレクションを受けるもすべて不合格してしまったようです。 才能はいつ開花するかわかりませんね。   結果的に公立高校に入学して、2年生のころからエースとして活躍することになります。 そして甲子園全国大会の大阪代表を決める大阪大会の2回戦でなんと完全試合を達成。ちなみに甲子園には届きませんでしたが、地元では知る […]

マネーの虎のキムチ販売志願者の現在

マネーの虎での出演 2000年代前半に一世を風靡したテレビ番組マネーの虎。 堀之内九一郎社長や南原社長、なんでんかんでん川原社長などインパクトのある社長たちが登場した番組で、出資を希望する志願者と投資を希望する社長たちのアツい番組でした。 吉田栄作がプレゼンテーターを務め、出資希望と投資の希望が成立すれば「マネー成立」となります。   実際に経験豊富な経営者たちだったので、出資者のプレゼ […]

大仁田厚、元参議院議員の2016年現在

大仁田厚の意外な学歴 長崎県出身の大仁田厚ですが、高校は中退しています。 プロレスラーになってから、41歳の時に都内の定時制の高校を受験し合格。 さらに卒業後、明海大学に合格して入学するも、1年で中退。なんと翌年には明治大学政経学部に入学(2部)。   政治家として活躍する前に、学歴と学識を身に着けていたことになりますね。もっとも、明治大学の政経学部は国会議員を続けながら通い続けたという […]

巨人のガルベスの2016年現在

バルビーノ・ガルベス 1964年生まれの元メジャーリーガー。 1981年にドジャースに入団するも、十数年もメジャーとマイナーを行ったり来たりしていました。ほとんどマイナーでしたが。 で、1994年には兄弟エレファンツという台湾のチームに入団。 2年連続で2桁勝利をあげる大活躍を見せて、台湾よりも高年俸の日本球団のプロテストを受けることになります。     巨人には1996年に入 […]

植草一秀、早稲田大学の元教授の現在

経営者・評論家・元大学教授の植草一秀 東大の経済学部を卒業している植草一秀は、経済学者として一時期はテレビによく出ていました。   1998年に日経新聞のアナリストランキングでエコノミスト部門で1位を受賞。 2002年には現代日本経済政策論で、石橋湛山(たんざん)賞という栄誉ある賞をとっています。   落ち着いた喋り口調で、分かりやすく経済についてを解説するのが特徴で早稲田大学 […]

L⇔R(エルアール)、アーティストの現在

L⇔R(エルアール)とは? 1991年にデビューしたバンドグループ。 始めは黒沢健一と黒沢秀樹の兄弟に木下裕晴が加わり活動開始しました。 (その後、LRには嶺川貴子が加入)   デビュー曲「L」を筆頭に、シングル13枚、アルバム7枚をリリース。 特に、Nkockin’ on your doorは大ヒットしました。 いまでもカラオケで歌われることがあるような、名曲です。 &nb […]

「私はコレで会社を辞めました」に出演した人たちの現在

禁煙パイポのCM「私はコレで会社を辞めました」 禁煙パイポのCMでこのセリフは一躍有名に。 男性が3人、立て続けに小指を立てて、この言葉をいうだけのCMですが、すごい反響がありましたね。   この禁煙パイポという禁煙のための商品は、マルマンという会社が開発した商品で、ニコチンは入っていませんが、禁煙するために口寂しさを紛らわすための道具です。 タバコが体に悪いというのは、このCMが出てい […]

マーク・マグワイアの2016年現在

ボンズの前のメジャー最多本塁打記録保持者 マグワイアと言えば、メジャーの最多本塁打記録保持者として有名です。 ただ、それも3年後のバリー・ボンズに抜かれてしまうまでのお話。   1998年、シーズン終盤までサミー・ソーサと最多ホームランの争いを演じていました。結果的に70本という凄まじい数字を残したマグワイアが勝利し、史上最高のシーズン70本塁打を記録。 さらに翌年、65本塁打も記録し、 […]

1 8 9