巨人のガルベスの2016年現在

2017/01/20

バルビーノ・ガルベス

1964年生まれの元メジャーリーガー。

1981年にドジャースに入団するも、十数年もメジャーとマイナーを行ったり来たりしていました。ほとんどマイナーでしたが。

で、1994年には兄弟エレファンツという台湾のチームに入団。

2年連続で2桁勝利をあげる大活躍を見せて、台湾よりも高年俸の日本球団のプロテストを受けることになります。

 

スポンサードリンク

 

巨人には1996年に入団

入団テストに見事合格しましたが、当初はさほど期待されていませんでした。

しかし、初年度から16勝をあげて、最多勝のタイトルを獲得。

当時、巨人が長嶋監督のもとメイクドラマと言われる大逆転優勝を成し遂げましたが、このガルベスと斎藤雅樹の2人が16勝をあげなければ、有り得なかったことでしょう。

 

翌年も12勝止まりではありましたが、最多勝を記録します。

 

 

あまりにも有名なガルベス乱闘事件

1998年、いまもなお語り継がれる乱闘事件を起こしてしまいます。

阪神戦で大豊に2打席連続ホームランを浴びた後、坪井の打席では審判のボール判定に不満を募らせ、その打席ではホームランをまた浴びます。

そして球審の橘高に文句を言ったところで長嶋監督が投手交代を告げたら、ガルベスは激高。

橘高球審にあたりはしませんでしたがボールを投げつけ、それに対してその球審もガルベスに向かっていったところで乱闘勃発。

吉原孝介が口から血を出すなどのけが人も出てしまうという伝説の乱闘事件に勃発してしまったのです。

 

ガルベスは7月末でありながら9勝を挙げていましたが、そのシーズンは出場停止処分・・・

さらに巨人から4000万円もの罰金をくらいました。

 

 

2000年に退団

1999年のシーズンから10連敗という残念な結果を残してしまったガルベスは、2軍に降格してしまいます。

それでもほとんど3失点以内に抑えていたので、納得いかないガルベスとしては自由契約を要求したりとにかく騒動を起こしてしまいます。

結果的に10月には退団してしまいました。

 

日本では結局46勝も挙げていたので、素行が悪くなければ外国人投手として様々な記録を残していたでしょう。

 

その後、メジャーリーグのパイレーツとマイナー契約を結ぶものの、メジャーで登板することもなく開幕前に退団。

理由は事実不詳であるものの、関係者の話では仲間とのトラブルによる音信不通と言われているようです。

 

その後はメキシカンリーグに1ヶ月ほど所属し、韓国の三星ライオンズと契約。2012年まで韓国で頑張っていて、最後の年も10勝4敗・防御率2.47の好成績を収めるものの、現役を引退しました。

 

 

現在のガルベス

元メジャーリーガーであり、元巨人の選手でもあるガルベスですが、現在は出身であるドミニカ共和国に帰国しているようです。

 

海外サイトでも情報を調べてみましたが、韓国の球団を退団してからの情報がほとんどありませんでした。

唯一、2014年の情報で「ガルベスはドミニカで悠々自適な生活を送っている」との情報がサイトに載っていましたが、現在もおそらく何もせずに良い暮らしを満喫していることでしょう。

 

日本の球団では待遇に不満を持っていたようですので、日本に戻ってくることはないかもしれません。

ただ、稼ぎが良かったので仕事に困るようなことがあれば知名度も高いし、日本でまた野球関係の仕事をする可能性もありそうですね。

 

公式サイトやSNSもやっている様子はないので、ひっそりと暮らしていると思います。

 

スポンサードリンク
 

-アスリート