サッカーのファンタジスタ「ロナウジーニョ」の現在

2017/09/08

サッカーにおいて世界の有数のファンタジスタとして活躍するロナウジーニョ

Top quality brass Ronaldinho Spinner spins for over 5 mins! Buy limited supply now www.ronaldinhospinner.com #ronaldinhospinnner

A post shared by Ronaldo de Assis Moreira (@ronaldinho) on

ロナウジーニョ」(本名:ロナウド・デ・アシス・モレイラ)さんは1980年3月21日生まれの37歳です。

ブラジルのポルト・アレグレに生まれ、長年にわたりサッカー界の第一線で活躍をしてきたスーパースターです。ロナウジーニョには兄がおり、その兄もサッカー選手として活動されていたサッカー一家。

また、日本のクラブチーム「コンサドーレ札幌」でも活躍し、現在はサッカーチームのオーナーでもある「ロベルト・デ・アシス・モレイラ」さんがいます。

自分の足で歩き始めたころに父親からサッカーボールとシューズを与えられて以来、常にサッカーと共に成長してきた人生を歩んできました。

ブラジルの小学校に通い始め、2年生の時にブラジルのクラブチームである「グレミオ」のユースチームに所属したことから彼のサッカープレイヤーとしての歩みが始まりました。

 

幼少時でもう「ロナウジーニョ」の素質は決まっていた?

「ロナウジーニョ」さんのお父さんはもともとお兄さん以上に彼にサッカーセンスがあることを感じていたそうです。

そのために彼のお兄さんである「アシス」さんが「グレミオ」に所属するときにチームのコーチに対して「うちにはこの子以上に超一流になるサッカープレイヤーになる子がいます。」と発言したそうです。

そしてその発言は見事に成し遂げられています。「ロナウジーニョ」さんのお父さんの先見性に驚愕してしまいますね。

 

ロナウジーニョの素晴らしいサッカー経歴

1998年に「ロナウジーニョ」さんは「グレミオ」のトップチームへと加わり、本格的にプロとしての道を進み始めます。

その択一した技術は世界を驚愕させ、世界でも有数のクラブチームである「アーセナル」や「マンチェスターユナイテッド」などが興味を持ち、接触を試みました。

そんな中で2001年に「パリ・サンジェルマンFC」と5年契約でヨーロッパデビューを果たします。

しかしチームの低迷が著しく、二年後の2003年に世界でも最高のチームとうたわれるスペインの「バルセロナFC」へと移籍をするのでした。

「バルセロナFC」と彼のサッカースタイルが見事に合致し、劇的な成長を遂げます。

UEFAチャンピオンズリーグやリーガエスパニョーラの優勝に貢献し、なおかつ所属した5年間の間にFIFA最優秀選手賞(バロンドール)を2004-05シーズンと2005-06シーズンで二年連続を受賞しました。

しかし度重なるケガにより、出場機会も減り、「バルセロナFC」を2008年に退団します。

 

その後もイタリアの「ACミラン」で活躍後、地元ブラジルに戻り、「CRフラメンゴ」へと所属。この時は「リオ・グランデ・ド・スル州選手権」と「タッサ・リオ」 で優勝しています。

2012年に移籍した「アトレチコ・ミネイロ」ではクラブ史上初の「コパ・リベルタドーレス」制覇に貢献し、世界で8人目となる欧州&南米王者のメンバーとなった

そしてメキシコの「ケレタロ」、ブラジルの「フルミネンセ」へと移籍を繰り返しました。
 

スポンサードリンク

 

世界でもその類まれなる技術を見せつけたロナウジーニョ

世界有数のチームを渡り歩き、そのたびに素晴らしい評価と成績を残してきた「ロナウジーニョ」さん。しかしそれだけではなく、彼は「ブラジル代表」としても大きな活躍をしてきました。

1997年にU-17の代表選手として初めて選出され、見事「FIFA U-17ワールドカップ」を見事優勝。1999年にA代表に選出されると14年間にわたって、活躍しました。

2002年の「FIFAワールドカップ」では見事優勝を果たし、世界一のチームの一員となりました。前線で点を取るフォワードとしても、中核でゲームを組み立てるミッドフィルダーでもその才能は遺憾なく発揮され、彼の技術力の高さは最高峰の舞台でも評価されました。

 

ロナウジーニョの現在

現在の「ロナウジーニョ」さんは2015年に所属したブラジルの「フルミネンセ」を2か月で退団しています。

その後はペルーの名門である「シエンシアーノ・デ・クスコ」へと所属するというニュースもありました。しかし実際は親善試合への参加などを主に行っており、無所属のサッカー選手として活動を続けているようです

2017年7月30日にはホンジュラスを訪れており、地元2クラブによる親善試合に参加したようです。

その場で「ロナウジーニョ」さんは「サッカープレイヤーとして僕は年を取り過ぎてしまったと思う。」と発言し、今年の夏での引退という形が現実味を帯びているようです。

 

彼自身は今後、サッカーにおける発展への貢献や音楽業界における仕事を希望しているとのことです。ホンジュラスの親善試合ではまだまだ技能としてその内容は衰えてないように見えたそうです。

また違う情報では「バルセロナ」への復帰という噂も持ち上がっています。

しかし世界を驚愕させた「ファンタジスタ」が引退するというなんと受け入れがたい事実はまぬがれそうもなく、今後も「ロナウジーニョ」さんの動向に注目があつまりそうですね。

 

Ronaldinho vs Manchester United Legends 30/06/2017

出典:こちら

スポンサードリンク
 

-アスリート