元サッカー日本代表、三浦淳宏の現在

2017/01/20

伝説のフリーキッカー・三浦淳宏

埼玉県生まれ大分県育ちの三浦淳宏。

小学校1年生の時に大分に引っ越してからは、それまで野球少年でありながら、小学校3年生の時にサッカーを始めて才能を開花。

 

名門の国見高校に進むと、そのまま青山学院大学にサッカーで入学。大学の途中で横浜フリューゲルスに入団したため、中退することになりましたが、入団当初からベンチ入りを果たし、左サイドで前園とコンビを組んでとても活躍しました。

 

 

三浦淳宏といえばやはりフリーキック。

無回転シュートを本田がW杯で流行らせましたが、それよりも前から三浦は無回転シュートを披露しており、鋭く落ちるシュートはキーパーは取ることはおろか、弾くことも難しいほどの威力と軌道でした。

数々のテレビ番組でも三浦淳宏のフリーキックは特集が組まれたりしていたほど。

 

しかし、実際にフリーキックの名手として注目を浴びたのはやはり中村俊輔ですね。

日本代表でも中村俊輔の世界的に評価されているフリーキックで三浦の出番は少なかったです。

 

スポンサードリンク

 

 

Jリーグ・日本代表での活躍

横浜フリューゲルス→横浜マリノス→東京ヴェルディ→ヴィッセル神戸→横浜FC

でJリーグでは17年にわたり活躍しました。

498試合に出場し、公式戦で奪ったゴール数は72。

 

数々のポジションをこなす万能プレイヤーではありますが、MFでこの数字は割と高い方です。

 

日本代表では1ゴールを記録していますが、代表に選ばれることは多くあったものの、出場に恵まれず満足いく結果は残せていない感じですね。

 

 

 

引退した三浦淳宏のその後

2011年、ブログで突然現役引退を発表しました。

2010年は6月に負傷してしまったもののコンサドーレ札幌との試合では長距離フリーキックを決めるなど活躍したのですが、横浜FCから戦力外通告を受けてしまいます。

そのまま移籍先が決まることなく引退することになり、そのまま日本サッカー協会指導者ライセンスの取得を目指して動き始めます。

 

引退後は三浦淳寛という漢字でサッカー解説者として活動を開始。

事務所もサムデイという芸能事務所と契約して、テレビに出演することが多くなりました。

 

 

三浦淳宏は、奥さんももともと女子サッカーの選手で、女子サッカーについてもかなり詳しい人です。

男女のサッカーの中継を数々のポジションをこなしてきていた経験から、独自の視点で解説をしています。

 

2014年までは人気スポーツ番組「すぽると」で出演していましたし、名実ともに評価されている三浦淳宏だからこそ、解説者として多くの仕事をこなしていた印象です。

 

 

 

 

現在の三浦淳宏

現在も芸能事務所に所属しながらテレビ出演の活動を行っています。

しかし引退直後ほど、仕事の量が多いわけではなさそうです。

公式ブログの情報は2016年は2回しか更新されておらず、ツイッターもやっていないため、あまり精力的に活動しているとは思えない様子。

 

 

ライセンス取得が忙しいのか、このところの情報量の少なさには少し心配になりますが、日本サッカーも必要としている経験豊富な人材なので今後の監督業などはとても楽しみですね。

 

また、フリーキックの極意に関する著書なども出版しています。売上ランキングを調べたところ、あまり売れてはいないようですが、動画などもたくさん出ているようですので気になる方はYoutubeなどでチェックしてみてください。

 

また三浦淳宏の最新情報が入り次第、更新予定。

 

スポンサードリンク
 

-アスリート